top of page
  • 執筆者の写真スポーツフェスティバル

【WELT】ドイツメソッドのサッカークラブ


ドイツで生まれた「フニーニョ」は、FUN(楽しい)とNINHO(子供)を合わせた造語。サッカーをより子供が楽しめる形に設計した大会方式を取り入れたサッカースクールは、日本でこのヴェルツサッカースクールだけです。

ZERO-iストレッチポール
フニーニョを取り入れたサッカースクール

フニーニョはとは?


ヴェルツの行うフニーニョは、3v3のサッカーです。最大の特徴は、ボールが動き続けることにあります。


ヴェルツは、この大会方式によってボールが回転している時間を増やし、子どもたちがステップをする回数を増やし、ボールを触る回数も増やし、ゲームでの再現性に繋げました。

さらに、試合数やゴール数も増やして、子どもたちのやる気もUPさせました。






子どものサッカーの道はプロサッカーだけではない 


ドイツでは多くの子どもの競技人口より、成人の競技人口の方が割合を多く占めています。日本では逆に、中学・高校・大学・社会人になるにしたがって、段々とサッカーをプレーする人が減っていきます。


そこには様々な要因がありますが、最も大きいのはサッカーを楽しむ環境が用意されていません。教育的サッカーだけでなく、サッカーを人生を豊かにするスポーツとして位置付けて生涯にわたってサッカーをプレーする人が圧倒的に少ないのが日本です。


スポーツの価値はプロを目指したとしても、プロサッカー選手だけではない環境や文化を育てることを目標に、ヴェルツは活動しています。




とちぎスポーツフェスティバルは、栃木県の子どもたちにスポーツの楽しさを広げる活動を行うヴェルツを応援するパートナー企業です。


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page